ラオス・ビエンチャンの有名なスポット「アヌサーワリー・パトゥーサイ」(凱旋門)



首都ビエンチャンのランドマーク「目印」的な存在と呼ばれる「パトゥーサイ」(凱旋門)は、「アヌサーワリー」とも呼ばれています。そんな「アヌサーワリー」をご紹介致します。

アヌサーワリー又はパトゥーサイは、ラオスのビエンチャンにあり、「アヌサーワリー」は「記念碑」、「パトゥーサイ」は「勝利の門」という意味です。

 
patouxay
(ラオス首都ビエンチャンのラーンサーン通り、アヌサーワリー)
 

アヌサーワリー(パトゥーサイ)は、1962年から、内戦の終結とパテート・ラーオ(ラオス国)の勝利を記念して建造が開始されました。ラーンサーン通りをパリのシャンゼリゼ通りに見立て、パリのエトワール凱旋門を参考にして建設を行ったと言われていますが、それ自体はラオス様式であります。

 
gaisenmon
(パリのシャンゼリゼ通り、エトワール凱旋門)
 

資金難により工事が貫徹されぬまま終わり、現在では新しく色を塗ったり、少し手を加えていますが、その形自体が未完成のままです。また、アヌサーワリー・パトゥーサイは、上部まで登ることができ、ヴィエンチャン市内を見渡せることから、観光客スポットとして、ラオスの国内外から観光客が訪れています。


Sponsored Links


特に美しいのは天井画です。ハヌマーンやナーガの浮き彫りなど、アーチの部分を見上げると素晴らしい天井画を鑑賞できます。

また塔は登ることができ、6〜8階は展望所になっています。8階部分は狭く、窓の鉄格子もあるため、眺望はお楽しみいただけませんが、7階の展望バルコニーからは町の景色が見渡すことができ、人気のスポットとなっています。

建物は8階建て、1階にチケット売り場、最上階までは階段のみです。1~3階までは見るものは何もありませんが、4階~7階までは全てお土産フロアになっております。Tシャツやアクセサリー、キーホルダー、絵画、象や仏像の置物、ラオスの本などのお土産が売られています。

ビエンチャンにお越しの際には、是非、アヌサーワリー(凱旋門)からの眺めをお楽しみください。